印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > 劇団のこと > 上演記録 > クランクアップはまだ早い

▶フライヤー拡大表示

公演特設サイト

彼は、過去に名作を一本だけ撮った映画監督。今は、アルバイトで食いつなぐ日々。彼の母親は町のお花屋さん。母親が入院することになり、彼は店番を頼まれる。アルバイトの若者に馬鹿にされつつ、ただ店に立つ彼。そこへ現われるのは、彼の隠し子・・・?そんな彼にも彼女がいるもんだから、さあ大変!彼にもう一回映画を撮らせようと配給会社もやってきて、町の花屋が撮影セットに早変わり!?

はったりかまして、カチンコ鳴らしゃ、あいつもあの子も映画スタア!フィルムまわるし目もまわる!夢見て夢覚めここはどこ?映画が紡ぐ小さなお花屋さんの物語ーー

北川 智・・・・・碓井 将仁(劇団レトロノート)
雨宮 友博・・・・冠仁(円盤ライダー)


光田 陽子・・・・長谷川 紀子
光田 哲也・・・・深沢 邦之(Take2・劇団レトロノート座長)


谷川 月・・・・・山本 萌花(劇団ハーベスト)
西野 弓子・・・・棚橋 幸代
星野 睦生・・・・田谷野 亮

花城 南・・・・・加藤 梨里香(劇団ハーベスト)
宇津木 東子・・・増田 眞澄


行本 理一郎・・・福田 修司(劇団レトロノート)
葉山 幸之助・・・前澤 航也(劇団レトロノート)
風間 公久・・・・中村 公平(劇団レトロノート)

<映像キャスト>

■父を訪ねて三万円
高倉 健一郎・・・岩本 淳
加勢 太一・・・・渡部 達也
一路 美鈴・・・・依田 朋子
保坂 尚之・・・・奈良 宙生
吉田 栄介・・・・佐藤 優太
町田 加奈子・・・望月 瑠菜(劇団ハーベスト)


大学時代
ゆきちゃん ・・・青山 美郷(劇団ハーベスト)
スーちゃん ・・・水沢 素数
トモヤ ・・・・・田村 巴弥

幼少時代
北川 かなえ・・・北野 美和子
北川 智・・・・・北野 泰一




戯曲:小林佐千絵 演出:中村公平
演出助手:有賀美幸 舞台監督:河野千鶴 舞台美術:小林奈月
照明:池田圭子 音響:鎌田釜 音楽:岩崎健一郎 衣裳協力:阿部美千代
宣伝美術:RetroDesign×1105design 大道具制作:ステージファクトリー
小道具協力:天野雄太( 高津装飾美術) スチール:松崎泰也 舞台写真:イワタナオ
劇中映像制作:ワタナベカズキ+CO2 舞台映像撮影:CreativeOffice Doel
映像劇中歌:one cake size feathers「C コード」
Tシャツデザイン:1105design WEB:RetroDesign
制作:遠藤童子・平野妙子・TEAM#BISCO 企画・製作:劇団レトロノート

協力(順不同・敬称略)
伊藤達史(SMA) 田中翼 金安凌平 吉村京太 三村里奈
MIHYプロデュース 円盤ライダー オフィスジュニア 佐藤企画 Capital inc.
バウスプリット Sony Music Artists inc. 劇団ハーベスト ジェイ. クリップ
ファンファーレ k.i.seq フラワーショップPerfume バナナや 中華厨房「一蝶」
味よしカフェ もつ焼き「いしん」 和光大学演劇研究会 相模原演劇鑑賞会
タウンニュース社 文化学院

■東京公演日時:2014年12月3日(水)〜7日(日)
■東京公演会場:中野 ザ・ポケット
■東京公演回数:7回
□神奈川公演日時:2014年12月8日(月)・9日(火)
□神奈川公演会場:相模原南市民ホール
□神奈川公演回数:2回
■上演時間:1時間45分
■備考:神奈川は「相模原演劇鑑賞会第149回観劇会」として上演。

ただ今準備中。。。

最近、痩せにくくなりました。以前は太っても、動けばすぐに痩せていたのに。座長に「やりたい事、どんどんやらないと気持ちよりも身体が言う事をきかなくなるぞ!」と脅され続けて早5年。「そんなことないやい!」と思っていたけど、座長の言葉は正しかった。。。
実際問題として、僕は明らかに歳を重ねています。年々、歳を重ねている事実を感じています。20代までは考えもしなかった”リアル”に若干ビビっています(笑)ま、いいんです。素敵に歳を重ねれば。僕は素敵に歳を重ねたい。

歳は取りたくはない。重ねたいのです。と、周りを見回したら、小林も前澤も碓井も福田も岩崎も、そして座長も歳を重ねてた!なんか出逢った頃と違うなと思ったら、年齢が違うんだと気付きました(笑)アラフォーと呼ばれる歳になり、でもまだまだやりたい事はあるから、気持ちだけは攻めていきます。ちなみに座長はアラフィフさ。
嬉しいのは僕の周りの大人達はみんな素敵に歳を重ねているということ。スタッフさんも先輩方も。お手本になる方がたくさんいる!ありがたい。

さて、劇団のことを。深沢邦之さんが座長に就任して下さり最初の公演です。座長という役職がなかった劇団ですが、13年目にして急に出来ました。座長深沢邦之、腹くくってくださっています。僕も腹くくってます。自分で決めること、自分を信じて前に進むということは、実はとても勇気がいることです。自分で言うのもなんですが、僕も座長も、この歳になって、また一歩、自分で決めて、歩を進めようとしています。小林の本もみなさんの一歩に繋がる本になったと思います。まだまだ前に進みましょう、みなさん。いくつになっても。ま、焦らず。

劇団代表・演出家:中村公平


劇団レトロノートでは月1でメールマガジンを配信しています。
劇団レトロノートのホットな情報をぜひご購読ください。

☆購読料:無料!
☆ペンネームとメールアドレスのみで登録可能!

ペンネーム

メールアドレス


※なお、当劇団のメルマガは独立されたシステムからお送りいたしますので、余計な宣伝メールなどが増えることは一切ございません。