印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |





▶フライヤー拡大表示

いい塩梅。いい塩梅。
花見するにはこの上ないよ
今日はとってもいい塩梅。
桜のしたの指切りげんまん
だからもうすぐいい塩梅。
待ち人待ちわびマチコ巻き
けれどかならずいい塩梅。
場所取りするのが宿命ならば、
ぱっと咲かせてみせましょう!
偶然は所詮、必然、でしょ?

桜の下の場所取りを巡り、様々な人と出会う青年の心温まる下町物語。
桜前線お花見コメディ!

梅本…碓井将仁  松井…野原由理
藤木…斉藤マサキ  鹿田もみじ…福島久美子
蝶野…中村公平  小野道…野村修一
八橋…前澤航也  八橋アヤメ/月野[2役]…今井峰子(くろいぬパレード)
猪俣…生井歩  菊池…赤木山伍里蔵  桐崎…福田修司(P・E・T)

<神奈川公演のみ>音楽室(田中ジュンタ・大野ナオスケ・亀井美千代・亀山勇太)

脚本:小林佐千絵 演出:中村公平 助演出:皮村猛(マリッジ・ブルー)
舞台監督:平子剛 照明:小見順治 音響操作:ナガセナイフ(Oi-SCALE)
衣裳:marie 音楽:岩崎健一郎・音楽室 制作:榊怜子・石田幸
企画・製作:レトロモラパッド

<神奈川公演のみ>主催:財団法人相模原市民文化財団

<東京公演>いい塩梅
■公演日時:2004年2月27日(金)~29日(日)
■会場:下北沢東演パラータ
■公演回数:4回
■上演時間:1時間45分
■補足:下北沢演劇祭2004参加作品

<神奈川公演>いい塩梅-拡大版-
■公演日時:2004年3月19日(金)
■会場:グリーンホール相模大野・多目的ホール
■公演回数:1回
■上演時間:2時間
■補足:財団法人相模原市民文化財団主催

<東京公演>いい塩梅

<神奈川公演>いい塩梅-拡大版-

こんな充実した公演が今まであっただろうか。レトロ初の2カ所での公演!前回も使わせて頂いた下北沢東演パラータでの公演は第14回下北沢演劇祭に参加。そして、相模原市民文化財団に呼んで頂きグリーンホール相模大野という、僕たちには考えられないほどの大きなホールで公演をうたせてもらった。うーむ、出来すぎている。。。こんな嬉しい事が重なると逆に恐くなったりする。さらに私、ナカムラは相模原市の地域紙に取材までして頂いた。地域紙に載ったあの撮られなれていない引きつった笑顔が嬉しくも、痛々しかった。。。

また、今公演では、以前からお付き合いのあったマリッヂ・ブルー皮村猛氏を助演出に迎え、演出部をパワーアップ!いつものようにコバヤシにもいろいろ意見をもらい、素敵な作品を創り上げる事が出来た。もちろん、脚本もパワーアップ!2カ所での公演という事で、神奈川公演では『いい塩梅-拡大版-』として脚色してやろう!という、またまたわたくしの無茶なお願いをコバヤシは聞いてくれた。頼もしい脚本家。劇団員内で変かも知れないけど、本当に尊敬!!!

拡大版には「おわりのつづき」からたびたび参加してくれているバンド『音楽室』にテーマ曲を創ってもらい、さらに出演までしてもらった!しかもメンバー全員。

さらに拡大版開場中にはホールロビーで『音楽室ロビーライブ!』をしてもらった。200名のお客さまがダーッとロビーに移動してウヲー!という完成が楽屋モニター越しに見えた。すごい大興奮の公演だった。記念すべき事に、この日が音楽室のインディーズデビューの日。デビューライブがこの日に出来た事は本当にレトロとしても嬉しかった。

拡大版では出演者数は最多の15名!すっごい人数だった。でも、客演さんを含め、2カ所とも心をひとつにして打ち込んだ最高の舞台だった。

(文責:中村公平)


劇団レトロノートでは月1でメールマガジンを配信しています。
劇団レトロノートのホットな情報をぜひご購読ください。

☆購読料:無料!
☆ペンネームとメールアドレスのみで登録可能!

ペンネーム

メールアドレス


※なお、当劇団のメルマガは独立されたシステムからお送りいたしますので、余計な宣伝メールなどが増えることは一切ございません。